酵素ダイエットのポイント

酵素ダイエット、あまり聞きなれない言葉です。
大まかにその内容を分類すると、「置き換えダイエット」「ファスティングダイエット」の一種という事になります。
具体的には、普段の食事の中身を低カロリーのドリンク類に置き換える、食事を抜く、などの方法があります。食事を抜くというのは、世に言う「断食」のことですね。
要するに、一日当たりに摂取するカロリーを減少させて痩せる事を目指すダイエットを言います。
これは、今までの食事を酵素ドリンクに置き換えて、痩せるための効率化を図るのが目的です。もちろん酵素を飲むという行為だけで痩せることはありません。
酵素を普段の食事の置き換え食にすることによって、体の中に酵素が入り安くなる状態を作り出すところにポイントがあると考えてください。

 

ファスティングダイエットを行う場合

これは、酵素ドリンクだけを飲む期間を2日間ほど確保するというものです。
この方法にはデトックス効果もあるので、老廃物が体内に溜まっているように感じている人や、普段の生活の中でなかなか疲れが抜けない、いつまでも倦怠感が続く、食事をする時に空腹感がなく何となく惰性で食べている、このような人にもお勧めできます。

 

市販されている酵素ドリンクには「お嬢様酵素」「ベジライフ」などがあります。
中の説明書に、希釈の仕方と実際のダイエットのやり方が記されています。
実際の進め方としては、例えば「お嬢様酵素」なら継続期間は2日間。食事は一日3食を全て抜く。その代りに1日に5,6回、毎回約60mlを飲むことになります。
希釈するのは何でも良くて、水や炭酸水で割っても構いません。

 

酵素ドリンクのみをそのまま飲むと、相当酸味やえぐみが強く感じると思われるので、薄めたものを摂取するのがお勧めです。
代謝の観点からで水分をたっぷり摂ると老廃物を排出しやすくなる効果が得られる事と、お腹が膨れた感じになって空腹感を感じないでいられるのがメリットです。
仕事や学校の関係で毎日の生活には何かと制約があります。現実に2日の間完全に何も食べない状態を続けるわけにはいかないという方も大勢いらっしゃるでしょう。
そんな方々には、一日の食事の一部だけ置き換える方法もあります。
1食あるいは2食を普通の食事の代わりに酵素ドリンクにする、そんな部分的ダイエットも十分可能です。

 

酵素を飲む時期

では酵素を摂取する時間はどうすればよいのでしょう。
どうせなら酵素を効果的に体内に取り入れたいけれど、一番良いタイミングは何時なのか、先ず知りたいのはそこですよね。
起床後の朝一番が良いのでしょうか。それともお休み前が良いのでしょうか。食事を考えると、食事の前が良いのか後が良いのか。
色々なタイミングが考えられます。

 

これらの酵素摂取のタイミングを考える中で、もっとも効果的な時期をいうなら、それは「食事の前」です。
理由は胃の中に様々な食べ物が入ってしまう前に酵素を摂っておくと、酵素の成分がストレートに働いて無駄にならないからです。

 

この時期を選ぶことによって、有効成分を効率的に体内に取り入れることができることになります。
さらに言えば、酵素には消化促進の作用もあります。
胃の働きを助けて消化の良い状態を作っておけば、老廃物も貯まりにくくなります。そこから新陳代謝も活発になって、体の活性化につながるという好循環が生まれます。

 

 

酵素を取り入れて体質改善

酵素に興味を持たれた方の中には、こんな方がいらっしゃると思います。
「私は痩せる事が目的ではない。健康のために酵素を取り入れて自分の体質改善をはかりたい」そんな方には、食事制限やファスティング無しの方法もあります。
食前あるいは食後に少量の酵素ドリンクを摂取します。それ以外にも、酵素サプリメントを摂るだけで、健康増進の効果が得られます。

 

積極的に酵素を体内に取り込んだ場合の効果は、代謝機能が上がること。
これは痩せやすい体質に体を作り替えることを意味します。でも、それだけではありません。
それまでより肌の状態が良くなる、お通じが良くなるなどの嬉しい効果が期待できます。

 

このダイエットは、何も我慢しないで楽に出来るダイエットだとは言えないでしょう。
ただし、ある程度の我慢を必要とするだけに得られるメリットも数多く、その効果も高くなること請け合いです。

 

必要な栄養素は酵素によって十分に摂取できます。このやり方を採用すれば、身体の負担にならない総体的な食事量の減少が実現します。

 

良くダイエット後のリバウンドが問題になりますが、身体自体が痩せやすい体質に変化するために、リバウンドもしにくくなるはずです。
この方法は酵素が強い味方になってくれるわけですが、断食や置き換え食の摂取など、慣れるまでは少し我慢が必要になります。
今まで自分がしていた食事を考えれば、辛い修行の様に感じるかもしれませんね。

 

しかし、一定の辛い期間を何とか乗り切れば、これまで続けていた食生活そのものが変化します。
また、全体的な食事量が減るので、いったん体重が減少した後に食べ過ぎてしまってリバウンド状態に陥るようなことにもなりません。
結果的に、いつまでも痩せた体型を維持できることになるのです。

 

酵素のデトックス効果を実感しながら、綺麗になるための正しいダイエット方法を実践してみましょう。
これまで酵素ドリンクと酵素サプリのどちらを選べばよいかという質問を受けます。
それについては、「酵素サプリメントと酵素ドリンク、ダイエットにはどっちが良いの?」の中で、酵素ドリンクと酵素サプリが持っている、それぞれのメリット、デメリットの両面について触れてあります。
さらに、酵素を飲み過ぎた場合の危険性および副作用については「酵素は副作用の心配なし?摂り過ぎによる危険性や注意点について」でまとめています。
こちらも一度、手に取って読んでいただくことをお薦めします。

 

酵素ダイエット中は水分補給を忘れずに

酵素ダイエットの中で、特にファスティング(断食)を行う時に注意が必要なのが、水分の補給です。
ダイエットでファスティングに臨む際には、食事から水分を補給できないことになります。
水分というのは、体に是非とも必要な要素です。そのため酵素ダイエット中に適度にお水を飲むことは、身体の正常な機能を維持するために必須な行為と言えるでしょう。

 

摂取する水の量ですが、目安として1日1.5リットル以上のお水を飲むようにしてください。
その際、カロリーの高いジュースやお茶は、ダイエットに向いていません。
なるべくただのお水を飲むようにしておけば、思ってもみなかった所で健康を損ねるような事態にならずに済みます。無理なくダイエットを続けることに繋がります。
ただし、個人で実行する場合のファスティング期間は、2日くらいに限定してください。
一気に効果を出そうとして長く続けすぎると、体調を崩す原因になります。

 

酵素ダイエットにはたんぱく質も必用

水分摂取以外の注意事項として心掛けておくべきなのは、たんぱく質の摂取です。酵素ダイエット中を効果的に行うためにも、たんぱく質が不足しない状態を維持する必要があります。タンパク質というのは筋肉を作る栄養素です。
これが不足した場合には筋肉が衰えて、基礎代謝機能がうまく働きません。身体の基本的機能の面でダイエットに差し支えてしまうわけです。
このため酵素ダイエット中は十分なたんぱく質の補給が重要になります。
お勧めなのは、脂質の少ない鶏のささみなど。効果的にたんぱく質を摂って、身体の機能を維持しながら健康的なダイエットを目指してください。